不動産決済について

お電話でのお問合せ

03-5962-7058

【営業時間】9:00〜18:00 【定休日】土・日曜日・祝日

2021年08月05日

不動産決済について

不動産決済について

不動産売買契約締結から約1ヵ月前後に行われる『決済』によって取引が完結します。
当日は残金決済・物件の引渡し・所有権登記移転を同時に行います。 
場所は、多額の資金を振込により支払うケースが一般的のため、銀行にて手続きを行うことが多いです。

決済日前に売主様がやっておくこと

  •  測量の実施・・・売却する不動産の境界が確定されていない場合は、土地家屋調査士に依頼し、境界確定と測量図作成手続きを進めます。

  •  所有権移転登記の準備・・・登記簿に記載された内容と住所が違う場合や、権利証を紛失してしまった場合は手続きが必要ですので、早めにお知らせください。

  •  抵当権抹消の準備・・・売却物件に住宅ローンを組んでいた場合、抵当権抹消書類の準備が必要です。お時間がかかる場合もあるので、早めに金融機関に連絡しておきましょう。

  •  滅失登記の完了・・・現在は更地でも、過去に建物が建っていた場合に滅失登記がされていないケースがあります。滅失登記を完了してからのご売却となりますので、お早めにお知らせください。

当日の流れ

  •  1.司法書士による本人確認・書類確認、登記必要書類への署名捺印
  •  2.融資実行と残代金の送金
  •  3.諸費用の精算(公租公課の清算・登記費用・仲介手数料など)
  •  4.ローン返済・抵当権の抹消登記手続き(住宅ローンの残債がある場合)
  •  5.鍵や説明書類などの引き渡し

買主様に用意していただくもの

用意するもの手続き
印鑑登記関係書類に押印
住民票司法書士へ提出
身分証明書ローン手続き、登記手続きに必要
残代金売主へ
固定資産税日割り精算売主へ
仲介手数料不動産会社へ
登記費用司法書士へ

売主様に用意していただくもの

用意するもの手続き
実印登記関係書類に押印
権利書(登記識別情報)司法書士へ提出
印鑑証明書(発行より3ヵ月以内のもの)司法書士へ提出
物件の鍵買主へ
領収書買主へ
抵当権抹消書類(住宅ローンの残債がある場合)司法書士へ提出
建築確認通知書・パンフレット・管理規約など(物件の詳細が分かる資料)買主へ
固定資産税納付書不動産業者へ(日割り計算に利用)

弊社へご相談ください。

ご契約~決済まで、売主様も買主様もやることが沢山あって大変だと存じます。
スムーズにお引渡しができるよう、弊社がしっかりサポートいたします!
ページの先頭へ